go to the top

journal

シャツのお届け遅延に関するお詫び

2019.02.12

_その他

ホーローシャツでシャツをオーダーいただいている皆様、日頃ホームページやSNSを見てくださっている皆様、ありがとうございます。

2018年10月〜12月にシャツをオーダーいただいた皆様にお詫びとお知らせです。

昨年11月末頃より、窪田が断続的に体調を崩してしまい、シャツのお届けが大幅に遅れております。

体調管理も事業の大切な要素の一つであるにも関わらず、お客様にご心配とご迷惑をおかけしてしまっています。申し訳ありません。

一刻も早くシャツを仕上げてお届けしたいのですが、拙速になってはいけないとも思っています。

予定より1ヶ月〜1ヶ月半程の遅れが発生していますが、しっかり仕上げてお届けいたしますので、今しばらく完成をお待ちいただければ幸いです。

「こんな時期に着たい」
「あの場面で着たい」

と想像を膨らませながらご注文いただいたのに、その期待を裏切るような形になってしまったこと、本当に申し訳なく、重ねてお詫び申し上げます。

現在は体調も回復して制作に励んでおりますので、引き続きホーローシャツをよろしくお願いします。

 

holo shirts. 窪田健吾

続・パートナー募集

2018.12.25

_その他

昨年、一緒にホーローシャツを作ってくれる方を募集したところ、数人の応募の中から一人の方に巡り会えました。

週に2、3回、縫製をしてもらっていますが、縫う仕事に対する情熱と責任感を持った、真面目な彼女に来てもらえて本当によかったです。

二人での作業に効率の良さを感じはじめた一方、効率よく仕事をしてもらうための準備でバタバタ焦ることもまま…

「やはりもう一人パートナーがいるといいな…」

そんなことを思いはじめました。

と、いうことで。

 

ホーローシャツを一緒に作ってくれる方を募集します。

 

でも、今回も数合わせをしたい訳ではありません。

以下、前回の募集時にも書きましたが、思いは変わらないので再掲。

(さらに…)

11月1日

2018.11.01

_その他

ホーローシャツは本日4周年を迎えました!

毎年特に何もしていませんが、なんとなく一年を振り返ったりしています。
(また年末年始に振り返るんですけどね。)

(さらに…)

初夏先取り!5月のアトリエ受注会

2018.05.11

_その他

atelierholoshirts

直前のお知らせとなってしまい申し訳ないです…!

気づいてしまったんです。

都内で夏のシャツをオーダーいただける機会が6月の代々木上原だけでは少なすぎると…

ということで、急遽企画しました『holo shirts.のアトリエ受注会』

【日時】
5月19日(土)26日(土)11:00〜18:00

【場所】
holo shirts. atelier and office
JR国分寺駅より南へ徒歩約13分
(詳しい住所はご予約いただいた方にお伝えします)

【ご予約の方法】
メールにて件名を「アトリエオーダー」として、

・お名前
・お電話番号
・ご希望のご来場日時(例:5月19日13:00)
・(もしぼんやりとでも決まっていれば)どんな雰囲気のシャツをご希望か

をお知らせください。

ちょっと変則的な日程ですが、代々木上原では都合が良くなくて…という方が来ていただける機会になればいいな、と思っています。

atelierentrance

今回は、holo shirts.がいつもみなさまのシャツを制作しているアトリエでオーダーいただける機会となります。

お店ではないので、いかにも作業場!という感じですが、その雰囲気もお楽しみいただければ幸いです。

そして、せっかくアトリエにいらっしゃってくださるので、何かサービスをと考えました。

オーダーいただいたシャツと同じ布(もしくはベーシックな白の生地)で作るハンカチを一枚プレゼントします!

夏は何枚持っていても困らないハンカチ、ぜひシャツと一緒に使っていただければと思います。

それでは、ホームで皆様をお迎えできることを楽しみにしています!!

 

ちなみに、アトリエに猫が入っていく可愛いイラストは竹田嘉文さんによるもの。

実際にアトリエに来ていただいて描いてもらいました!嬉しい…

自分が着たいシャツを決めるには③

2018.02.26

_その他

IMG_1951

ここまで「決めるには」を書いてきましたが、

②の最後でも書いたように「こだわらない」ことを決めるのも大切なことです。

全部自分で決めようとは思わないでください。

自分の事ってわかっているようでわかっていないものです。

自分を見つめて「本当にこれでいいのか…」と考えていたら終わりのないスパイラルに突入すると思います。

事実(持っている服や境遇)
なりたい自分(や着たい場面)
人の意見

の総合で決めましょう。

IMG_2191

せっかくのオーダーです、後悔したくないという気持ちはとてもわかります。

もし、不安があるとすれば、要素の洗い出しが足りないという事ですので、①と②に戻って考え直しましょう。

「なんかわからない」

「なんとなく」

というのは、分析不足であることがほとんどなので、疲れますが良いシャツのため!と思って頭を動かしてみましょう!

一緒に考えた結果、頭が整理されて意外な発見をすることもありますよ。

いままで、オーダーを終えて

「だからあのシャツは似合わなかったんだ」

「だから苦しかったのか」

「こんな選択肢があるんだ」

と感想を述べてくださる方に何人も出会ってきました。

まだお会いしたことのないみなさまとも、そんな体験を共有できるように一生懸命考えます。

ぜひ受注会やアトリエでお会いして、知らなかったシャツの事を発見しませんか?

 

自分が着たいシャツを決めるには②

_その他

IMG_1901

オーダーの過程では、様々な事を決めていきますが、特にディテール(襟の形など)を決めるのが難しい!と思っていらっしゃる方が多いように感じます。

確かに、どんなデザインが好きなのかなんてあまり考えませんし、ましてや似合うものなんて考えてもわからないと思います。

そんな時は「機能」から考えてみましょう。

例えば、胸ポケットは使うか。使うなら何を入れるのか。

一番上のボタンを留めた時に大きくゆとりが欲しい、もしくはフィットして欲しい。

他には、腕まくりをよくするか、どんな風にするか。

こういった機能は条件がはっきりしているので決まりやすく、きっかけとしてぴったりです。

そして、例えば「腕まくりをよくされるのならちょっとカジュアルな雰囲気がお好きなのかな」など、好みも見えてきたりするので、こちらとしてもご提案がしやすくなります。

IMG_2429

次に演出したい自分を思い浮かべてください。

「演出したい自分」なんていうと仰々しく聞こえますが、ぼんやりと

優しい印象にしたいな…

清潔感があってキリッとさせたいな

あんまり相手に威圧感を与えたくないな

など、そのシャツを着た時の自分をイメージしていただけるだけで大丈夫です。

そこからその雰囲気に合いそうな生地やディテールをご提案しますので、それに対して「それ好き」「あんまり…」など反応していただければと思います。

こだわりがない箇所については「こだわらない」と言っていただくのもとっても大事なポイントです。

必ずしもすべてをこだわるのが良い事とは思いません。

人の意見(この場合私、窪田の意見)を利用して、考えを整理していただければ嬉しいです。

 

続く

自分が着たいシャツを決めるには①

_その他

IMG_2433

「シャツのオーダーってどうしたらいいんだろう」

そんな声がなくなることはおそらく無いと思います。

でも、なんだか緊張するおっかないものというイメージは持って欲しくないと思います。

ということで、オーダーの採寸以外の部分、つまりみなさまが頭を使う部分についてなるべくやわらかく説明したいと思います。

「似合うシャツって何?」というのは誰しもが思う事ですが、インスピレーションで決まることではなく、いろんな要素の分析で導いていくものだと思っています。

IMG_2035

まずは、『自分がどんな服を持っているのか』思い出してみましょう。

やっぱり誰でも『似合うシャツ』が欲しいものですが、シャツだけ良くても服装全体が似合ってるとは限りません。

まずは気に入ってよく着ているパンツやアウター、靴などを思い浮かべて教えてください。

そこからそれらに合う素材、雰囲気、デザインを導いていくのが、特に初めての方にはオススメです。

作り手としては、やっぱりたくさん着て欲しいものです。

普段からよく着る服に合うシャツなら、活躍の機会も自然と多くなると思いますので、後悔した!なんてことにはならないと思いますよ。

 

続く

操業停止

2018.01.29

_その他

みなさんお住まいの物件は古い建物ですか?

であればこの冬は水道管のメンテナンスを必ず!必ずしてください!

 

週末の『オーダーメイドの日』出店を終えて今朝アトリエに向かうと、なんだか聞き慣れない水の音…

かなり嫌な予感がしませんか。

中に入ると、そこには水浸しの床と水浴びをするミシン。

…ん?

2階のベランダにある蛇口から大量の水が。

蛇口を回すも止まらない。

溢れ出す涙、いや水。

ご近所(古い建物が多い)でも同じような原因で水漏れがあり、作業していた業者の方がご好意で応急処置をしてくださってなんとか止水。

ただ、2日間たっぷり水浴びしたミシンは、配電盤まで濡れていました。

なんとか復旧を試みていますが、すでに遅くなっているシャツのお届けがもう少し遅れてしまうことが避けられません。

申し訳ありません。

僕から言えるのは、もし水道管(とそのカバー)が古くなっていたらすぐに交換をお願いしてくださいということです。

水道管の中が凍ってしまうと破損の原因になり、2階にお住まいの方は下の階の方に迷惑をかけることになってしまいます。管を覆う断熱材が新しい物かどうか確認を。

芸術的なつららなんか作っても誰も褒めてくれません(ちょっとかっこいいとか思っちゃいましたが)。

今週末も寒そうです。

備えあれば憂いなしですよ!

アトリエオーダーはじめます!

2017.12.21

_その他

atelierentrance

2018年より東京は国分寺のアトリエにてシャツのオーダーを承ります!

現在の場所に移転してもうすぐ3ヶ月、やっと制作もストレスなくできるようになってきました。

そして、皆様をお迎えしても(ギリギリ)大丈夫な環境も整いましたので、アトリエにお越しいただいてのオーダーを開始しようと思います。

お一人一時間の予約制となりますが、平日土日問わずご都合の良い時にオーダーいただけます。
本日よりご予約いただけますので、info@holoshirts.comまで

件名を「アトリエオーダー」としてご希望の日時をお知らせください。スケジュールを調整してお返事いたします。

atelierexterior

今まで「受注会は全然タイミングが合わなくて…」というお声を聞くたびにもどかしく思っておりましたが、場所を移したことでこれが可能になりました!

あくまで作業場であるアトリエですので、お見苦しいところもあるかもしれません。でも、その様子も含めてお楽しみいただけるのではないかとも思っています。

多くの方に新たな場所でお会いできるのを楽しみにしています!

 

そして、このアトリエで一緒にシャツ作りをしてくださるパートナーも絶賛募集中です。ご興味おありの方は、過去の投稿をお読みいただいた上でぜひお問い合わせください。

 

atelierinside

パートナーを募集します

2017.10.25

_その他

newatelier1

大きな決断です。

今していることをしっかり継続しつつ、さらに頭の中にある事を実現させていくためにはやっぱり必要だと思いました。

ホーローシャツを一緒に作ってくれる方を募集します。

ホーローシャツは現在、採寸、パターン作成、縫製、そして帳簿管理、仕入れ、打ち合せなどなどすべてをほぼ一人で行っています。

それはとても楽しいのですが、一人で作れるシャツの数、動き回れる時間には限界があります。

頭の中には、こんなこともしてみたい、あんなことも面白そう、(自分のシャツも作りたい…)なんてことが渦巻いています。それを実現させるには、自分一人では足りないと感じました。

 

でも、数合わせをしたい訳ではありません。

必要なのは人数ではなく、その人のキャラクター。

この方とだったら一緒にやりたいと思える出会いが優先です。

でも、それだけこの規模でやっている事業者にとって人を増やすって一大事なんです。

人を増やす前提で計画を立てて、一緒にやってみたものの合わずにすぐ辞めてしまった…なんてことは死活問題です。

また、人を増やしたことで、活動の濃度が低くなるようなことは絶対しません。

私は、お客様に会って、話をして、それをパターンに反映して、作りあげるのが楽しくてホーローシャツをやっています。作業は他の人に任せて自分は手を動かさない、そんなやり方では活動の意味を失ってしまいます。

私も縫うし、パートナーも縫う。そんな風に感覚の擦り合わせをしながら良い形を作っていけるのが理想です。

縫製は、お互いの技術の擦り合わせをしていけばいいと思っています。縫製の仕方って我流のケースも多いですし、もしかしたら私が気付いていなかったことが見つかるかもしれません。

もちろん形の上では仕事を与えるもらうの関係ですが、ホーローシャツが探しているのは対等に近い関係で一緒に作る意思のある方です。

一から十まで教えてもらおう、とか、働く人のための環境は雇い主がすべて用意するべきだ、というような考えの方は合わないかもしれません。

ホーローシャツ自体が4年目にさしかかるタイミングで、まだまだ基礎工事の段階だと思っています。

求められる事を実行しつつ、自分が入ることでホーローシャツの骨組みがどう変わっていくのか、そんなことを楽しんで考えられる方と出会えるまで、じっくり探すつもりです。

 

 

関わっていただく形:お互いの生活に合わせて相談しましょう。フルタイムでなくても、週に何回か一日の作業を限って関わっていただくなど、柔軟に考えたいと思います。

給与:関わっていただく形にもよりますので、約3ヶ月の試用期間を経て、その方の経験や能力によって決定します。(試用期間後は東京都の最低賃金958円を遵守します)

内容:シャツなどの製作補助/発送作業/その他雑務

勤務地:東京都国分寺市

応募資格:都内在住の方/学生不可(学生の方は、また別の形で募集したいと考えています)/このjournalの文章をすべてお読みいただき、ご理解、共感していただける方/プロアマ問わず縫製経験が2年以上ある方(縫う事を楽しめる方が望ましいです)/健康で人と話すのが好きな方

応募方法:お名前、ご住所、お電話番号、志望動機(どんな事を考えてホーローシャツをお選びいただいたのか、これまでの縫製経験、ご自分で何か創作活動をされているか、将来自分の活動を始めたいかなど、詳しく現在の状況を教えてください)を記載していただき、info@holoshirts.comまでご連絡ください。

 

 

ホーローシャツも4年目を目前にして、やっとアトリエらしいアトリエを構えることができました。

こんなややこしい条件に当てはまる方が現れてくださるのかドキドキしながらの募集です…。

こんなホーローシャツですが、ピンときた方はぜひご応募ください。

お待ちしております!

newatelier2