go to the top

journal

まかないシャツのこと

2021.06.17

_その他

_26A2208

『まかないシャツ』
名古屋のお店 TT” a Little Knowledge Storeのユニフォームとして考えたこのシャツ、ありがたいことにたくさんの方に知っていただけました。

日々、シャツを作る中でどんどん溜まるハギレや残布。
もったいないので保管していますが、なんとか使えないものか…と考えていた時にいただいたユニフォーム制作のお話。

その時思い浮かんだのは自分がバイトしていたお蕎麦屋さんで食べていた、まかないのぶっかけ蕎麦。
余った食材を残った蕎麦に乗せてつゆをかけるだけのまかないですが、今考えれば結構贅沢なものでした。

食材は綺麗に食べやすく切られているし、蕎麦はそこで打ったもの。
良い素材を適切に調理して組み合わせた立派な一品でした。

TT”も、そこで出される料理には「食材を無駄にしない」気持ちがあらわれていて、「漬ける」「揚げる」「すりつぶす」など、様々な方法でともすれば捨ててしまいそうな食材の一部を美味しく仕立てて提供しています。

そんなお店のためのユニフォームとして、残布を活用したものが生まれるのは必然でした。

名前もすぐに決まりました。

『まかないシャツ』

わかりやすくて気に入ってます。

まだまだお店のスタッフに行き渡らせるために作っている途中ですが、皆さんにもこのシャツを手に取ってもらえるように、数量限定ではありますが予約を受け付けることにしました!

a Little Knowledge Store オンラインストア にて
6月20日(日) 11:00〜 受付開始  (完売御礼!!)

オンラインストアのページも素敵に作ってくださっているので、商品の詳細はぜひそちらをご覧ください!

写真の女性は170cmですが、小柄な男女が着ても袖口がふわっと溜まる感じになっていいんです。
腕まくりもしやすいですしボタンでの調節も可能なので、袖の長さは長い分には気になさらなくていいと思います。

身頃もゆったりしていますので、色々な体型の方に馴染んでくれると思いますよ。

_26A2213 _26A2212 _26A2218

結局ホーローシャツは一点ものを作り続けていく

2021.02.15

_その他

E1449321-C134-40A9-8005-D5C9AAB065A1-51349-000007716163A7A9

年が明けてしばらく経ちましたね。
もちろん楽な一年になるとは全然思っていなかったけど、世の中はざわざわしています。

僕に限らず、コツコツ続けてきた商いをガラッと転換しなければいけなかった人、我慢しながら変えずに続けてきた人、昨年はそれぞれ苦悩したと思います。

僕は、新しいことは始めながらも、どちらかといえば後者を選択しました。
会えないんですから。
でもオーダーでシャツを作り続けるにはどうしたらいいのか、会えるタイミングでどうしたら喜んでもらえるかをたくさん考えてきました。

1368643E-66B2-4864-9B6C-06EFAA5009CB-51349-000007716E9B6C6F

そして2021年、まだまだ会える機会は増えなさそうだなと思った時、やっぱり「オンラインで販売できるもの」がほとんど無い脆さに直面しました。

じゃあ、僕は「オーダー」シャツ屋を辞めるのか?

いや、たくさん同じシャツを作って販売する様子は、何度試しても浮かびません。

これまで、お一人おひとりに寄り添うシャツを考えて作ってきました。
それは紛れもない一点もの
そう、僕はオーダーシャツ屋として一点ものを作り続けています。
それならそれを続けようと思いました。

結論も手段も変わっていない?

いや、これからは自分から湧いてくるアイディアを形にする一点ものを作って、それが合う方を探すやり方も試したいと思っています。

オンラインで一点ものの販売をします

名付けて『いきなりラス市』

ダジャレかよ。

販売する時点ですでにラスト一着の一点もの。
その時、その一着しかありません。

でも、オーダーシャツ屋として心配なのは「サイズがちゃんと合うのか?」ということ。
サイズが合っていないものを着ている方がどこかに存在するということは、オーダーシャツ屋として一番避けたいことです。

なので、半袖や七分袖など、袖がきっちり合わなくても着こなせるものを多めに用意することにしました。

569D8143-4700-4A00-B7A7-4B1A406F47A6-51349-000007714EB81A57

やってみたかったけど、待っていてもそんなオーダー来ないよな、というアイディアを大放出して
楽しいシャツを少しずつ年間通して販売する予定です。

第一回目は2月26日(金)夜〜を予定しています。
購入サイトなどは追ってお知らせします!

この新しい取り組み、楽しんでいただけたら嬉しいです!

FF3B19B0-83AA-4FCD-971D-8842FE43982B-51349-0000077182DB8E5D

0755215E-124A-4049-8BD5-13393F81D9FA-51349-00000771530B8C90

E9195559-D7F9-4D58-9DBC-DC02C6882DF5-51349-000007717FD4E3B3

オーダーシャツは誰か(自分)へのプレゼント

2021.01.07

_その他

CC3C6793-7701-4093-9984-46E7770104FE

その場で完成品をお渡しすることができないオーダーという形は、当然ですが後日シャツが届きます。

「自分へのご褒美」として買い物をする方も多いと思いますが、オーダーシャツは「届く」というその過程が自分へのギフトという性格を強くするように思います。

ギフトといえば、服作りの世界では「お仕立て券」というものがあって、かつては自分の贔屓のテーラーのお仕立て券をお歳暮で送ったりすることも珍しくなかったようです。

時は2021年、その素晴らしい行為は形を変えて(というか形を失って)eギフトという姿で蘇りました。

 

そう、ホーローシャツのeギフトカードをご用意しました。

仕組みはこう。

・ホーローシャツで使えるeギフトカード(金額はご自身で設定します)を購入します。
(ちなみにシャツ一枚20000円(税別)〜です念のため)

・そのeギフトカードを送るのは自分でもいいし「オーダーという体験をしてほしいな」と思う誰かでもいいです。(メールが届きます)

・それを受け取った方は、ホーローシャツでシャツをオーダーする際にそのメールを見せていただくと、表示されている金額分のオーダーができるという流れです。

 

これをご用意したのには二つ理由があります。

一つは、小さな額でもどなたかにこのギフトカードを送っていただくことで、シャツをオーダーするという行為を通してコミュニケーションが生まれるのではないかと期待したことです。

もう一つは、受注の機会が減って楽ではない今、「この先いつかオーダーしようと思っている」方が少しずつでもシャツ貯金してくれるとありがたいなということです。

「会いづらい」今の状況は完全な逆風です。
オンラインでポンと売れるものがない僕らのような仕事は、業態変換を迫られるか、コツコツできることをやって耐えるか判断しなければなりません。

ホーローシャツは新しい取り組みはしつつも、どちらかといえば後者を選びました。
オンラインショップを作っていろいろなものを売ることで「オーダーのブランドでなくなる」ことは避けたかったんです。

時間はかかるけど、確実にものを届けていくオーダーの可能性を信じてやっていますので、これしきでそれを曲げるわけにはいきません。

変えなければいけないことは変えていきますが、変わらない軸は持っています。

その軸が折れないように頑張りますが、少しお力を貸していただけると嬉しいです。

 

もちろん、今オーダーしたい!という方は『ORDER at HOME』というサービスもありますので、ご自宅での試着、楽しんでください!

「自分色のシャツを作る企画」参加者募集

2020.07.16

_その他

irotoridori

みなさん好きな色ってありますか?
僕は圧倒的に藍染の色が好きで、その思いは以前ここでも書きました。
そして、今はその色のシャツを身につけられて本当に幸せです!

この「好きな色を身につける」という事を、少しでも多くの方に体験していただきたいと思い、

『自分色のシャツを作る』企画を立ち上げます!

色のサンプルや、自分が持っている「何か」を参考に色を作り、好きな質感の生地をその色に染める。
そしてその生地を使って仕立てたシャツを手に入れるまでを体験する企画です。

 

<流れ>

①色を決める

②生地の質感を選ぶ

③シャツのサイズ・仕様決定(セミオーダーからお選びいただきます)

④生地を染めてもらう実験part1

⑤生地見本で色の確認

⑥生地を染めてもらう実験part2(修正)

⑦大きめの生地サンプルで色の最終確認

⑧シャツの仕立て、染色本番

⑨自分の色に名前をつける

⑩愛でてたくさん着る

 

染工場とのやりとりは僕が間に入りつつ、上記のやりとりを体験していただきます。
もう一度言いますが「好きな質感で好きな色のシャツ」ですよ…!

基本的には全ての工程をリモートで行う予定です。
ご自宅でのサンプルシャツ試着や、ビデオ通話での相談などを織り交ぜながら進められればと思っていますので、ご了承ください。

はじめての取り組みなので、今回は3名様を定員として募集したいと思います。
料金や募集要項は下記の通りです。よくお読みになってお申し込みください。

 

<料金>
45000円(税別)〜
料金には、シャツ本体料金・染色料・送料などが含まれていますが、シャツの仕様によって追加料金をいただきます。
工程の③「シャツのサイズ・仕様決定」の段階で料金をお支払いいただきます。

※追加料金の例
・袖丈/着丈調整:それぞれ+2000円(税別)
・XLサイズ選択:+20%
・ベースとなる生地には「追加料金なし」「+2000円」など明記しておきます

My Color Your Color
自分が作った色を、他の誰でもオーダーできるように開放してくださる方は、料金より5000円値引きします。そして、今後その色を選んでくださったみなさんから感謝されます。

 

<募集要項>
下記必要事項をご記入いただきメール(info@holoshirts.com)でご連絡ください。

件名を「自分色のシャツ」として

・お名前
・ご住所
・お電話番号
・身長
・着てみたいシャツのイメージ、好きな色など

ご記入ください。

募集期間:7月18日〜7月31日
定員:3名(応募者多数の場合は抽選にて決定します)

 

ご応募、お待ちしております!

coloursample

料金改定のお知らせ(2020年2月より)

2019.12.31

_その他

服の価格ってどうやって決まっているんだろう。

気になったことはないですか?

例えばシャツの価格。あるファストファッションブランドでは2000円なのに、百貨店に並んでいるようなブランドでは10000円。ホーローシャツでは20000円。

僕は前職での経験から、量産型の2000円のシャツも、多くの人の知恵と努力でその価格が成り立っている(児童労働などは論外ですが)のを知っているので、その点では本当に尊敬しています。

でも、ホーローシャツはそのような安く作ってたくさん売る類のシャツではありません。

お客様一人ひとりに向き合う時間、時に高度な縫製技術を要する仕様、でもシンプルにさりげなく見せるための工夫など、目には見えづらいけれどたくさんの要素が詰め込まれています。

 

これまで「気持ちに寄り添う日常のシャツ」というコンセプトのもと、高すぎない価格を心がけてきました。

個々人によって価格に対する価値観は異なると思うので、高価だと思われる方がいらっしゃるのは当然かと思いますが、ホーローシャツがやっていることと真摯に向き合いながら、ホーローシャツとして適正だと思う価格に設定してきました。さまざまな条件を考慮したうえで、考えに考え抜いたベストな価格です。

しかし今、そのベストを更新すべきタイミングがきたと感じています。

さまざまなコストが上昇しているというのはもちろんあります。

生地やパーツだけではありません。

丁寧に作られたシャツを安定してお届けするには、ものづくりのための基盤を整備する必要があります。

アトリエを運営し、縫製スタッフに適正な報酬を支払わなければいけません。

価格の見直しは心苦しい決断ではありますが、一方で、ホーローシャツはもっともっと魅力ある提案ができる。それは自信を持って言えます。

頭に浮かんでいる「もっとこんなことができる!やりたい!」ということの実現可能性を探りつつ、自分自身のレベルアップをはかり、みなさまに安心してオーダーしていただけるような体制を整えていく所存です。

みなさまのお力添えをいただきながら、一歩、さらにもう一歩、前に進んでいけたらと思います。

数あるシャツの中からホーローシャツを選んでいただくことを後悔させないよう、精進してまいりますので、今度ともどうぞご贔屓くださいませ。

 

 

【2020年2月より】

・シャツ本体(生地・お仕立て代)¥20000(税別)〜 ※生地や仕様によって変動します
・型紙作成(現在休止中)※再開時に改定料金をお知らせします

(これまでよりも全体的に¥2000〜¥3000の値上げとなります。)

・『シャツ屋のTシャツ』に関しては価格を据え置きます。¥15000(税別)〜

 

これからもプライドを持ってシャツを作り続けますので、どうぞよろしくお願いします!

 

お会いすることと作ること

2019.11.09

_その他 _受注会

facetoface

今日から始まる佐賀perhapsでの受注会、会期終盤の15、16、17日に在廊します。

3、4日連続で外に出るということはそれだけシャツの制作が止まるということ。

それでも行くのはそれだけお会いして伝える事を大事に思っているから。

perhapsの店主、北島さんとのやりとりで

「うちは服屋でもないし、雑貨屋でもない。単純に商品だけというよりも、体験も含めて買ってもらいたい」

(さらに…)

理想の二人

2019.09.21

_その他

DSCF2274のコピー

この秋、ご一緒することの多そうなオーダー靴のブランド『delightful tool』。自分でも履いているこの靴がどうやってできているのか、あるやりとりがきっかけで気になってしまい、じっくりお話を聞く機会をいただきました。

 

ホーローシャツと同じオーダーという形で靴を作るdelightful toolの寺田さん、出会った時に「ご自身で作られているんですか?」と聞いて返ってきたのが「いや、僕は作っていないんです」

質問した方の僕は、「あ、つい自分を中心に考えた質問をしてしまった」と反省したのもつかの間、その「作っている方と寺田さんのやりとり」に興味が移っていました。

 

神戸にアトリエ・ショップを構える靴のブランド『Anchor Bridge』、ここがdelightful toolの製造を担っています。地盤とも言える製造現場を知らずしてブランドの全体を理解することはできないと思い、Anchor Bridge主宰の村橋さんにお話を伺いに寺田さんと神戸に向かいました。

(さらに…)

オープンアトリエ開催します!

2019.08.04

_その他

455BC6E1-0001-40D6-B1E4-52B8672282F4

アトリエにお越しください!

2年間制作をしてきたアトリエを、一日だけ開放して皆様に来ていただけるようにします。

たくさん溜まっているシャツ生地のハギレや使わなくなった備品の販売を中心に、入れ替えを予定しているシャツのサンプルをお安くお譲りすることも考えています。
(サイズがある程度合う方にお譲りしたいので、当日ご試着をお願いします)

場所は下記の通りです

東京都国分寺市東元町1-31-9

イラストレーターの竹田嘉文さんに描いていただいたこの通りの見た目です!
駅から10分ちょっと歩きますが、国分寺駅の南口から『ぶんバス』という巡回バスが1時間に3本(毎時00分20分40分)出ていますので、それをご利用いただくのがいいかもしれません。暑いですし…

「東元町一丁目」の停留所で降りていただければ目の前です!

ちなみに、一つ前の停留所「元町駐在所」で降りると、「コロッケの丸愛」という揚げ物屋さんがあってオススメです。もぐもぐしながらいらしてください。

それではゆるりとお待ちしておりますので、ぜひお越しください!

フルオーダー型紙制作「新規受付休止」のお知らせ

2019.06.07

_その他

いつもホーローシャツでシャツをオーダーくださっている皆様、ご興味をお持ちくださっている皆様に大切なお知らせです。

 

2014年にスタートしてから、フルオーダーのシャツをメインに活動してきましたが、2019年6月末で一旦フルオーダーの型紙制作「新規受付」を休止することにしました。

 

といっても、フルオーダーを辞めるわけでは全くありません。

すでに一度フルオーダーしてくださって型紙をお持ちの皆様は、その型紙で引き続きオーダーいただけますのでご安心ください。

 

ではなぜ休止するのか。

昨年から今年にかけて、納期が大幅に遅れてしまうことが続き、皆様に多大なご迷惑をおかけしてしまったことが大きな要因です。これには本当に大きな危機感を覚えました。

そこで、じっくり時間をかけて行う型紙作りから一度離れ、安心してオーダーいただける体制を整えるための時間が必要と判断しました。

 

休止中は

・歩みを共にできる縫い手を探すこと
・自信を持っておすすめできる生地のさらなる充実を図ること
・セミオーダーシャツの充実

などを行なって、よりしっかりした足場を作るために時間を使いたいと思います。

 

本来であれば、お客様お一人お一人にご説明するべきところを、この場を借りてお伝えする形になってしまったこと、ご容赦ください。

 

しばらくメインの活動になるセミオーダーシャツですが、サイズ展開やモデルの充実をしながら、「オーダーの楽しさ」をたっぷり感じていただけるものにしていきますので、ご期待ください。

そして、これからもホーローシャツの成長を見守っていただければ幸いです。

 

holo shirts. 代表 窪田健吾

シャツのお届け遅延に関するお詫び

2019.02.12

_その他

ホーローシャツでシャツをオーダーいただいている皆様、日頃ホームページやSNSを見てくださっている皆様、ありがとうございます。

2018年10月〜12月にシャツをオーダーいただいた皆様にお詫びとお知らせです。

昨年11月末頃より、窪田が断続的に体調を崩してしまい、シャツのお届けが大幅に遅れております。

体調管理も事業の大切な要素の一つであるにも関わらず、お客様にご心配とご迷惑をおかけしてしまっています。申し訳ありません。

一刻も早くシャツを仕上げてお届けしたいのですが、拙速になってはいけないとも思っています。

予定より1ヶ月〜1ヶ月半程の遅れが発生していますが、しっかり仕上げてお届けいたしますので、今しばらく完成をお待ちいただければ幸いです。

「こんな時期に着たい」
「あの場面で着たい」

と想像を膨らませながらご注文いただいたのに、その期待を裏切るような形になってしまったこと、本当に申し訳なく、重ねてお詫び申し上げます。

現在は体調も回復して制作に励んでおりますので、引き続きホーローシャツをよろしくお願いします。

 

holo shirts. 窪田健吾