go to the top

journal

ORDER at HOMEはじめます

2020.03.27

_ORDERatHOME _受注会

これまでリアルな場でのオーダーだけにこだわって5年半活動してきました。

それは、その場でなされる会話によって得られる発見や気付き、その場だからこそある出会いの力を信じているからです。
自分だけで決めると「自分という枠」をはみ出すことは簡単ではありません。
だから僕とお客様、二つの頭で考えて、シャツとの付き合い方を更新しながら最もお客様に合うシャツを見つけてきました。

そして今もその気持ちは変わりません。

ただ、昨今の「出歩いて人と会うことが推奨されない」状況では、今まで通りに活動をすることができません。
この状況をきっかけに、「もっと気軽に試してもらうには」どうしたらいいのか考えました。

その一つの結論として、自宅で自分のペースで試着をして、ビデオ通話で相談を受ける「ORDER at HOME」を立ち上げることにしました。

受注会場だからこそある出会いや発見は少なくなるかもしれません。
でも、これまで受注会が開催できていない地域のみなさま、時間的制約のある方、お身体が不自由な方にも「自分に合うシャツ」を見つけられるチャンスが巡ると思うと、やらない理由はないです。

より良いブランドへと成長するために、新しいサービスを立ち上げます。

 

お申し込みフォームなどは現在整備中ですので、現段階でご興味お持ちいただけた方は、以下の方法でお申し込みください!

【お申し込み方法】

メールにてお申し込みください。

info@holoshirts.com まで
・「お名前・ご住所・お電話番号・身長」
・着たいシャツのイメージ(例「カジュアルな長袖」「軽い着心地の半袖」など)
をご記入の上
件名を「ORDER at HOME申し込み」としてお送りください。

こちらからの返信をもって受付完了とします。

その際に、試着セットのお受け取り希望日時ビデオ通話が可能な日時を伺います。

●試着セットの取り扱いについて
お送りするご試着セット(シャツ・生地見本・メジャーなど)は、到着から一週間以内にご返送くださいご返送の際の送料はお客様でご負担ください
万が一サンプルシャツを汚してしまった、傷をつけてしまった、紛失してしまったなどの場合には、メンテナンス費用を請求する場合がありますので、丁寧に扱ってください。
「やってしまった…」という時には「速やかに正直に」ご申告ください。温情は持ち合わせています。

●ビデオ通話について
ビデオ通話については、お一人45分程度を想定しています。
少しゆとりを持ったスケジュールで日時をご検討ください。
ビデオ通話では、シャツをご試着いただいた状態を拝見して、サイズ選びのアドバイスや、袖丈・着丈の調整が必要かどうかなど様々な事をお話しします。
慣れないと負担に感じるかもしれませんが、ご協力よろしくお願いします。

(もしどうしてもビデオは恥ずかしい…という方はご相談ください。ただ、動いて喋りながら深まる理解と生まれる気付きがあること、ご理解いただければ幸いです)

新しいことが始まるワクワクと不安が入り混じっていますが、気付いたことはすぐに改善しながら良いサービスにしていこうと思います!

正式リリースはもう少し先ですが、ちょっと不完全でも付き合ってやるぜ!という皆様、ぜひお気軽にご連絡ください!

開いて、広げて、紐とく(開催中止します)

2020.03.20

_受注会

redshirts

4月に開催する受注会のタイトルです。

本を開き、世界を広げて、知りたいことが増えたら紐解く。
そんな風に身につけるものとの関係も豊かになっていったらいいなとの思いを込めています。

オーダー靴のdelightful tool との共催なのですが、お互いにオーダーというちょっとハードルが高く見られる業態で活動しています。

提案する方は、良さは「試してもらえばわかります」と言いたくなりますが、いざ試す方は「試す前に知りたいこと」がありますよね。

それは商品の特徴や価格のような基本情報から、作り手のキャラクターまで様々だと思います。
知れることは知っておいた方が不安は少ない。僕自身もそう思います。

そんなことを考えて、今回は本の力を借りながらいつもと違った角度で自己紹介をしよう!
と、delightful toolの寺田さんとそれぞれ3冊の本を読んで感想文を書くことにしました。

僕の3冊は

・『本日は、お日柄もよく』原田マハ
・『物欲なき世界』菅付雅信
・『ムーたち』榎本俊二

感想文は最近更新しているnoteに書きますので、よろしければご覧ください。

 

受注会では、もちろんシャツの話を主にします。
でも、それだけではなく、みなさんの好きなもののお話を伺ったりするのも楽しい時間。
そんな時に、もし僕の好きなものをお伝えできていたら話が広がりやすく、もっと楽しいのではないか、そんな風に思いました。

せっかくお会いするんです、いろんな事を話しましょう!

帰り道、シャツと靴が手元になくても、思わぬ発見をつかんでくださっているかもしれません。

 

4月11日(土)12日(日)11:00〜18:00

TRIP ROOM

東京都渋谷区恵比寿南2-9-8 落合荘苑ビル4A

 

(3月31日追記:イベント中止)

苦渋の決断ですが、この受注会を中止する判断を決めました。
delightful toolの寺田さんとも相談し、今は「外出を促してしまう」このイベントの開催をしないことが
事態の収束に向けて僕たちができる最善の選択だという結論になりました。

楽しみにしてくださっていた皆様、また必ずどこかでお会いできます。
holo shirts.に関しては、『ORDER at HOME』という新しいサービスもはじめました。
気持ちよく外出できるようになった時のことを想像して、今は辛抱です。

4月11、12日に、ご自宅にいるであろう皆様が参加していただける何かを考えているところですので、またお知らせします!

(3月26日追記:イベント開催の可否について)

まずは、新型コロナウイルスに感染して苦しい思いをされている方、その影響で困難を抱えている皆様にお見舞い申し上げます。

昨今の状況について、お店の営業をどうするか、仕事のやり方をどうするかお悩みの方も多いと思います。普段の生活ができずに苦しんでいる方も多いと思います。

ホーローシャツも「お会いして」オーダーを受ける形で活動していることから、現在難しい局面を迎えています。

4月11、12日に開催予定の本イベントも、状況によっては中止せざるを得ない可能性がある事をご承知いただきたく書いています。

具体的には、3月28、29日の週末に関して要請されているように「不要普及の外出を自粛するよう」国、東京都、もしくは近郊の県でアナウンスがあった場合、止むを得ず中止とします。それ以上に厳しい措置が取られた場合も同様です。

活動が止まった時のダメージは、正直計り知れません。

ただ、皆様、そして広く見れば世界中のコミュニティを危険に晒すことは本意ではありません。
感染拡大を遅らせることが今は先決です。

 

そして現在、ご自宅でサンプルの試着・ビデオ通話などで相談してオーダーできる
「ORDER at HOME」を準備中です。
大手を振ってお出かけできるようになった時のためのシャツ選びをすることで、少しでも気持ちが晴れればと思っています。

もちろん、リアルな場でお会いして、見て感じて触って、お話しすることで得られる「発見や出会い」の力を一番に思っています。

一刻も早くこの事態が収束に向かい、笑顔で皆様とお会いできるのを楽しみにしています!
予防に細心の注意を払いながら様子をみましょう。お大事に!

 

redshirtshem

藍・藍・愛してる

2020.02.28

_サンプル紹介 _受注会

DSCF8041

もう言葉はいらないくらい、ただただ美しい。
藍染の色のグラデーションは深みがあって、見ていて飽きることがないです。

僕は小さい頃から青が好きです。
その中でも、藍色はいつからか別格の存在になっていました。ダントツに好きです。

だから、藍色に染まった布でシャツを作るということはずっと憧れでした。
それが昨年、友人伝いで紹介してもらった島根の藍染工房『天野紺屋』との出会いがきっかけで夢が実現してしまいました。

510F6EE1-6268-44FE-A459-DE2A794AC5FA

嬉しくて嬉しくて、どんな生地がいいかな…どんなボタンが合うかな…
色々なことが頭を巡る日が続きました。
様々な実験をしていく中で「藍染と古いものって合う。」という発見をしました。でもなんでだろう。

藍染と言っても薄い色から濃い色まであって、どの色味も藍染の色。
そして、均一に染まっているように見えても微かにムラがあります。

この定まらなさがどこかこの色に人間味を与えているような気がするんです。

DSCF8019

それは古いものにも感じられて、当時の技術で均一に作ろうとしたものは今見ると不均一だったりします。それが元々の質によるにせよ経年劣化で生まれたにせよ。

そんな「ゆらぎ」が私たちに安心感を与えてくれます。

ずっと自分のものだったかのような、でもそれらがどこかで過ごした時間の重なりも感じるような、不思議な魅力のあるもの同士が合わさったらどんなに素敵だろうか。

DSCF8035

3月は、東京会場の金柑画廊からも徒歩圏内の古道具屋さん『Coupe』で見つけた古いボタンを、藍染のシャツに付けてオーダーいただくことができます。

お手入れについてもご説明しながら、長く藍染のシャツと付き合っていく方法もお伝えします。

この色の魅力は写真ではなかなか伝わりません。ぜひ実物を手にとって感じていただきたいです。

【東京会場】金柑画廊(目黒)
会期:3月5日〜8日 11:00〜18:00
(終日在廊は7日、8日/その他の日はアポイント制にて在廊)

 

【島根会場】BITOUP(YUTTE2F)(松江)
会期:3月20日〜29日 11:00〜19:00(火・水定休)
(在廊日20日〜22日)

 

【オーダー料金の目安(税別)】
藍染のシャツ
→セミオーダーシャツ|30,000円~
→セミオーダー半袖シャツ|28,000円~
→シャツ屋のTシャツ|24,000円~

その他のシャツ
→セミオーダーシャツ|20,000円~
→セミオーダー半袖シャツ|18000円〜
→シャツ屋のTシャツ|15000円〜

※生地や仕様によって変動します
※サイズはXS、S、M、Lから選べます
※藍染の濃度は浅葱、藍色、濃紺の3種/生地は綿麻生地 or 綿シルク生地が選べます
※古物のボタンは(+2000円/税別)のオプションにて承ります

イベント延期のお知らせ

2020.02.25

_受注会

3月1日に予定していました『ここは相談所。欲しくなっても買えません。』は

コロナウイルス流行の影響で延期とさせていただきます。

(さらに…)

ここは相談所。欲しくなっても買えません。(延期します)

2020.02.24

_受注会

FB111037-7A58-4F37-9A19-D7252BBEB939

今年、多くの機会を作りたいと思っていることがあります。

それは「本当に、気軽にシャツのことについて相談できる場所」。

この5年以上の間、ホーローシャツを見に来てオーダーしてくださった方には感謝しかありません。
そして、その中には本当に勇気を振り絞って来てくださった方も少なく無いと思います。

いくらこちらが「お気軽に見にいらしてください」とアナウンスしても、「見るだけで帰るのは悪いんじゃ無いか…?」というプレッシャーを感じてしまうのもよくわかります。

(さらに…)

西荻の港

2020.01.20

_受注会

irotoridori

2020年最初の受注会のお知らせです。

2月22日(土) 23日(日)
11:00〜18:00
HATOBA
東京都杉並区西荻北5-7-19 SUTOA2F
03-3397-1791

 

我が街、西荻窪。
本当に居心地が良くて気づけば住んで6年が経とうとしています。

(さらに…)

料金改定のお知らせ(2020年2月より)

2019.12.31

_その他

服の価格ってどうやって決まっているんだろう。

気になったことはないですか?

例えばシャツの価格。あるファストファッションブランドでは2000円なのに、百貨店に並んでいるようなブランドでは10000円。ホーローシャツでは20000円。

僕は前職での経験から、量産型の2000円のシャツも、多くの人の知恵と努力でその価格が成り立っている(児童労働などは論外ですが)のを知っているので、その点では本当に尊敬しています。

でも、ホーローシャツはそのような安く作ってたくさん売る類のシャツではありません。

お客様一人ひとりに向き合う時間、時に高度な縫製技術を要する仕様、でもシンプルにさりげなく見せるための工夫など、目には見えづらいけれどたくさんの要素が詰め込まれています。

 

これまで「気持ちに寄り添う日常のシャツ」というコンセプトのもと、高すぎない価格を心がけてきました。

個々人によって価格に対する価値観は異なると思うので、高価だと思われる方がいらっしゃるのは当然かと思いますが、ホーローシャツがやっていることと真摯に向き合いながら、ホーローシャツとして適正だと思う価格に設定してきました。さまざまな条件を考慮したうえで、考えに考え抜いたベストな価格です。

しかし今、そのベストを更新すべきタイミングがきたと感じています。

さまざまなコストが上昇しているというのはもちろんあります。

生地やパーツだけではありません。

丁寧に作られたシャツを安定してお届けするには、ものづくりのための基盤を整備する必要があります。

アトリエを運営し、縫製スタッフに適正な報酬を支払わなければいけません。

価格の見直しは心苦しい決断ではありますが、一方で、ホーローシャツはもっともっと魅力ある提案ができる。それは自信を持って言えます。

頭に浮かんでいる「もっとこんなことができる!やりたい!」ということの実現可能性を探りつつ、自分自身のレベルアップをはかり、みなさまに安心してオーダーしていただけるような体制を整えていく所存です。

みなさまのお力添えをいただきながら、一歩、さらにもう一歩、前に進んでいけたらと思います。

数あるシャツの中からホーローシャツを選んでいただくことを後悔させないよう、精進してまいりますので、今度ともどうぞご贔屓くださいませ。

 

 

【2020年2月より】

・シャツ本体(生地・お仕立て代)¥20000(税別)〜 ※生地や仕様によって変動します
・型紙作成(現在休止中)※再開時に改定料金をお知らせします

(これまでよりも全体的に¥2000〜¥3000の値上げとなります。)

・『シャツ屋のTシャツ』に関しては価格を据え置きます。¥15000(税別)〜

 

これからもプライドを持ってシャツを作り続けますので、どうぞよろしくお願いします!

 

2019→2020

2019.12.10

_受注会

早いもので、もう2019年が終わろうとしています。

今年も各地でたくさんの方にお会いして、たくさんシャツを作りました。

来てくれているスタッフも技術を磨いてくれて、本当に頼りになる存在になりました。

外部で縫製をしてくれるパートナー探しも始めて、慎重にですが取り組みをスタートさせようとしています。

 

そして、今年のハイライトといえば『会話とオーダーメイド』の開催です。

(さらに…)

お会いすることと作ること

2019.11.09

_その他 _受注会

facetoface

今日から始まる佐賀perhapsでの受注会、会期終盤の15、16、17日に在廊します。

3、4日連続で外に出るということはそれだけシャツの制作が止まるということ。

それでも行くのはそれだけお会いして伝える事を大事に思っているから。

perhapsの店主、北島さんとのやりとりで

「うちは服屋でもないし、雑貨屋でもない。単純に商品だけというよりも、体験も含めて買ってもらいたい」

(さらに…)

オーダーメイドが集う日(HP公開されました!!)

2019.09.30

_会話とオーダーメイド _受注会

kaiwatoorder

11月、新しいオーダーメイドのイベントが始まります。

会話とオーダーメイド』と言います。

というか始めます。

そう、企画はホーローシャツです。

 

何かをオーダーするってちょっと緊張するし(お客様を見ていてもそう感じます)、誰にどうお願いしていいかわからない。

ハードルが高いイメージありますよね?

正直、シャツ以外の分野だと僕も知らない事だらけ。

 

でも、例えば身近に家具を作っている知り合いがいたとして、その人の作品を格好いいと思っていたら「オーダーしてみようかな」と思いますよね。

この『会話とオーダーメイド』では、そんな知り合いを増やすような気持ちで来ていただきたいんです。

 

もちろん、その場でビビッときてオーダーするのもいいと思います。

ちょっと見て、話を聞いて、なるほどこういう人がいて、こんな風に(値段も含めて)オーダーできるのか、と引き出しを増やして帰るもよしです。

もしかしたら数年後に、あの時知っておいてよかった〜!という事があるかもしれません。

 

出展者は、みなさんオーダーでものづくりする事を生業にしていたり、このイベントだからオーダーを受けるという方々。

靴、ニット帽、家具、絵、刺繍、ガラス什器、はたまた似顔絵やコーヒー、サンドイッチまで(シャツもね)。

お目当の方だけでなく、いろんなオーダーの形を知っていただけると思いますので、ぜひゆっくりしにいらしてください。

 

ホームページも公開されました!

事前予約が必要な出展者やイベントもありますので、随時こちらでお知らせしていきますね。

このイベントは一体…?というお問い合わせなどは

kaiwatoorder@gmail.com

までお願いいたします。

 

三連休の土日、11月2日と3日はぜひ予定を開けておいてください。恵比寿に集合です!