go to the top

journal

Roundabout 4/7~19

2021.04.08

_パスポートジャケット _受注会

C4F55D02-9BD2-4BE0-B242-36E749DF0A0C-9905-0000037A9DAA2CC8

絶賛開催中です。

4月7日〜19日(火曜定休)
12:00〜19:00
Roundabout(代々木上原)
窪田在廊日4/7,11,17,19

最新作にして最高傑作、パスポートジャケットを中心にご覧いただけます。
今回だけの特別オーダー(Roundabout別注)もぜひお手に取っていただきたいです。
通常盤よりもステッチが目立つことで、よりワークテイストが強まりました。

秋を見据えてコーデュロイやオリジナルのフランネルもご用意しましたので、
じっくり生地見本もご覧ください。

57670460-2C48-4F99-978D-FBCDEDD5483D-9935-000003447ADE62FF

58ACB9E7-0A43-411D-A8D0-5B5EA750DB9D-9935-00000344788C465F

『パスポートジャケット』

2021.01.17

_パスポートジャケット

3C7A20DB-D777-4970-97CA-86D566D3B6EE

昨年の発表からお問い合わせの多い「シャツ屋が作るジャケット」ですが、つい先日命名しました。

『パスポートジャケット』

名前の由来については後述するとして、このアイテムの特徴や価格、オーダーの仕組みなどをご紹介しようと思います。

 

【仕様】

 

E4A98585-847C-4898-9317-FFB0165FCAED

シャツ屋がジャケットを作るということ、これはずっとやりたくて、でも手をつけられていなかったことでした。
それが、森部さんというパタンナーとの出会いで昨年実現しました。

かしこまらず気軽に羽織れて、でも清潔感は備わっている。
簡単に腕まくりができて、Tシャツの上から着ると、なんかいい感じ。

そんな軽やかなジャケットを目指して、実際そんなアイテムに仕上がりました。

シルエットはゆとりがあって、でも肩は過剰に落ちすぎない、なるべくスタンダードの域を出過ぎないバランスにしました。

F9DB802A-9639-40CA-8FF1-E4EE7512FA20

一見シンプルなこのジャケット、随所に(わかりにくいものも含めて)機能的なディテールが盛り込まれているのですが、その一つが「袖口」

シャツのカフスのような形の袖口の中、何か見えますよね…

これが「腕まくりがしやすい袖口」の秘密なんです。

998D613D-EA1E-44B2-A7E3-C6420BF04781_1_105_cのコピー

これが普通の状態。
このボタンを外すと…

652B3A15-4134-43D2-82D2-504C39F993F3_1_201_aのコピー

開、、、、かない!
そう。布でつながっていて開かない。
ということは、シャツみたいにブラブラしないので、

3A2B6CB1-10BF-4EAF-A5CB-FE4F804C7C11_1_201_aのコピー

腕まくりしやすいんです。
一回だけ折り返しても、テーラードジャケットみたいにピン!とはねたりしないんです。
これは、ぜひ試着して体験してほしいです。
これがやりたくてこのクソ面倒なディテールを採用しました。

パタンナーの森部さんには「縫う人がいいならいいんですけどね」と、工場だったら絶対嫌がられるディテールの採用を後押し(?)してもらいました。笑

 

【価格とオーダーの仕組み】

 

918B4D1A-8D86-4C74-AC84-B34098C40279-67480-00000A5933A07344

このジャケット、価格は生地によりますが

30000円(税別)〜

です。
このジャケットに合うものだと32000円、36000円の生地が多いように思います。
というのも、普段シャツを作るのに使っている生地からもお選びいただけるのですが、ジャケットとして仕立て映えするものとそうでないものがあるんです。

 

オーダーの流れについて

サイズサンプルの試着(XS〜L)

生地、ボタンの選択

オプションで着丈、袖丈の調整(それぞれ+2000円(税別))

これらを行ったりきたりしながらベストのバランスを探りましょう!

ちなみに、172cm 60kgの窪田は、Mサイズが程よい感じです。
(Lをバサッと着るのもいいし、Sなら着丈をプラスしてスッキリ着たい…)

誰かが着ている写真があればいいんですけど、追々掲載しますので、少々お待ちください。

 

【名前の由来】

このジャケットに何か名前を付けたいなというときに、頭にあったのは「旅をしたい」という思いでした。

軽くて柔らかくて、きちんと見えるけど楽に崩せる。

自由に海を越える事が難しかった年に完成したこのジャケットは、旅に連れて行くのにぴったりな要素がたくさん詰まっていました。

偶然、裏側に付けることにしたポケットも、パスポートを忍ばせておくのにちょうどいい。

それなら、ここから名前をいただこうと決めました。

『パスポートジャケット』

今年、いや来年、このジャケットとパスポートを手に色々な場所を旅できる日が来る事を願って作ります。

もちろん日々にもすんなり寄り添ってくれますので、ぜひお試しください。

藍・藍・愛してる

2020.02.28

_サンプル紹介 _受注会

DSCF8041

もう言葉はいらないくらい、ただただ美しい。
藍染の色のグラデーションは深みがあって、見ていて飽きることがないです。

僕は小さい頃から青が好きです。
その中でも、藍色はいつからか別格の存在になっていました。ダントツに好きです。

だから、藍色に染まった布でシャツを作るということはずっと憧れでした。
それが昨年、友人伝いで紹介してもらった島根の藍染工房『天野紺屋』との出会いがきっかけで夢が実現してしまいました。

510F6EE1-6268-44FE-A459-DE2A794AC5FA

嬉しくて嬉しくて、どんな生地がいいかな…どんなボタンが合うかな…
色々なことが頭を巡る日が続きました。
様々な実験をしていく中で「藍染と古いものって合う。」という発見をしました。でもなんでだろう。

藍染と言っても薄い色から濃い色まであって、どの色味も藍染の色。
そして、均一に染まっているように見えても微かにムラがあります。

この定まらなさがどこかこの色に人間味を与えているような気がするんです。

DSCF8019

それは古いものにも感じられて、当時の技術で均一に作ろうとしたものは今見ると不均一だったりします。それが元々の質によるにせよ経年劣化で生まれたにせよ。

そんな「ゆらぎ」が私たちに安心感を与えてくれます。

ずっと自分のものだったかのような、でもそれらがどこかで過ごした時間の重なりも感じるような、不思議な魅力のあるもの同士が合わさったらどんなに素敵だろうか。

DSCF8035

3月は、東京会場の金柑画廊からも徒歩圏内の古道具屋さん『Coupe』で見つけた古いボタンを、藍染のシャツに付けてオーダーいただくことができます。

お手入れについてもご説明しながら、長く藍染のシャツと付き合っていく方法もお伝えします。

この色の魅力は写真ではなかなか伝わりません。ぜひ実物を手にとって感じていただきたいです。

【東京会場】金柑画廊(目黒)
会期:3月5日〜8日 11:00〜18:00
(終日在廊は7日、8日/その他の日はアポイント制にて在廊)

 

【島根会場】BITOUP(YUTTE2F)(松江)
会期:3月20日〜29日 11:00〜19:00(火・水定休)
(在廊日20日〜22日)

 

【オーダー料金の目安(税別)】
藍染のシャツ
→セミオーダーシャツ|30,000円~
→セミオーダー半袖シャツ|28,000円~
→シャツ屋のTシャツ|24,000円~

その他のシャツ
→セミオーダーシャツ|20,000円~
→セミオーダー半袖シャツ|18000円〜
→シャツ屋のTシャツ|15000円〜

※生地や仕様によって変動します
※サイズはXS、S、M、Lから選べます
※藍染の濃度は浅葱、藍色、濃紺の3種/生地は綿麻生地 or 綿シルク生地が選べます
※古物のボタンは(+2000円/税別)のオプションにて承ります

新しいセミオーダーシャツをオーダーするには

2019.09.19

_サンプル紹介

A3E6FA93-3E4E-4D97-A9D7-21A910F61E77

この秋、ホーローシャツのセミオーダーが新しくなりました

どう新しいのか、どんな仕組みになったのか、簡単に説明できればと思います。

大まかなオーダーの流れは下記の通り。

①ご試着(ユニセックスのXS〜L)でサイズ選び

②襟の選択

③生地とボタン選び

④オプションの選択

おそらく実際は①〜④を順不同で行ったり来たりしながら決めていくことになると思いますが、便宜上流れにして表しました。

 

_MG_6574

シャツのシルエットについては、これまでのセミオーダーシャツをご存知の方にはおなじみの、少しゆとりのあるものから変更はありません。

襟も低めで余計な装飾はほとんどありませんので、力を抜いてカジュアルに着たいという方にはオススメの形です。

逆に、スーツの下に着るためのビシッと決まるシャツをお探しの方にはご満足いただけないかもしれません。
毎日でも着たい「普段着のシャツ」です。

 

DCFE0679-8B74-48A0-8170-8C56E4A1ADA6

新しいポイントとして重要なのが「襟が選べる」ということ。
写真の「ボタンダウン」の他に「丸襟」「バンドカラー」そして今までの「レギュラー」という4種類から選んでいただけます。

3C4CCBD8-928D-4E82-B5CA-BBAD31279398
丸襟

2D812853-DAC9-4126-8290-AF9360C1165F
バンドカラー

685FE2AC-0B3D-4CA7-AE15-DBFEDFE1EC60
レギュラー

どれを選んでいただいても「力を抜いてさりげなく」というコンセプトは崩れませんので、そんなシャツをお探しの方はぜひいろんなサンプルをご試着いただきたいです。

 

E76B5153-99F2-4502-97CE-34A551058260

生地についても、100種以上の中からお選びいただけます。

特に、今回のリニューアルに合わせて色を拡充した綿麻の柔らかい生地は、その触り心地と発色を確かめていただきたいです。自信作です。

ボタンについても10種+αの選択肢がありますので、きれい目にするにもカジュアルにするにも、ここで舵を切ることが可能になりました。

 

info_190911

そして、さらに自分に合ったものにするためのオプションも増やしています。

袖丈と着丈の調整はこれまで通り行います。この二つがぴったり合うとより「自分のもの」になった感覚が強くなると思います。

そして、今までLサイズでも小さいと感じられた方、あえてゆったり着たい方にご提案できるものが少なかったのですが、XLサイズをオプションとしてご用意しました。

 

47AA6300-FEFA-4B0E-B730-25BB2E4688F2

そして最後の「染まるボタン」。

一部の後染めを施す生地にしか使うことができないのですが、生地と一緒に特殊なボタンを染めることで、また新鮮な表情を楽しむことができます。

藍染めでも使えますので、よりシックな雰囲気のシャツをご希望の場合はこれをオススメします。

これからこのセミオーダーを中心に全国回りますので、「おっ!面白そう!」と思ってくださった方はどこかでお会いできるのを楽しみにしています。

2019年の予定は「受注会」カテゴリーの投稿をご覧いただければ幸いです。

朝昼晩、毎日着たいシャツ

2018.10.13

_サンプル紹介 _受注会

mdandnxssml

みなさん、毎日着たいほど気に入っている服ってありますか?

僕は靴、チノパンなど数点あるのですが、シャツ屋のくせに「毎日着たいシャツ」って持ってなかったんです。

でも、よく考えてみたら靴やボトムスに比べてシャツは着方が様々。

例えばボタンの一番上は留めるのか開けるのか、腕まくりはするのかしないのか、などなど…

つまり「毎日着たい」はその人によって違うんです。

 

そこで自分なりに「腕まくりしたりしてラフにゆったり楽に着るなら」

ということを考えてこれなら毎日着たい!と思える形を考えました。

ホーローシャツ的ユニフォームシャツ。

名前は “m.d&n -rough-”

“m.d&n” は morning. day & night を表し、朝昼晩、毎日着たいものを作りたいという気持ちを込めてつけました。

皆様の生活の中で、いつのまにかよく着ているシャツになってくれればいいなと思います。

everydayws

そして、この形でセミオーダーをお受けします。

フルオーダーの時にも「このサンプルの感じほぼそのままがいい」という、ある意味嬉しいお声や、「フルオーダーみたいに全部決めていくのは億劫で…」というご意見をいただくこともありました。

それなら、僕が自信を持って「この形がいいと思う!」というものを自分に近いサイズで選んでもらうメニューがあってもいいのではないかと思いました。

サイズはXS、S、M、Lの4サイズ。

だいたい170cm 60kgの窪田は、Sが袖ちょっと短めのジャストくらい、MやLを着ると肩が少し落ちるゆったりサイズです。

素材はふんわり柔らかな綿麻素材や薄手のコットンなど「この形にはこの生地が合う!」と自信を持ってオススメできる数種類からお選びいただけます。

価格は17000円〜(税別)

お一人おひとりの型紙をお作りするフルオーダーと違い、サイズと生地をお選びいただくだけです。
型紙代が不要な分、少しお手に取っていただきやすくなっています。

 

そして!このシャツを試していただけるオーダー会を都内で初めて開催します!

場所は吉祥寺。

窪田が人生の大部分を過ごした武蔵野市の代表的な町です。

そんな吉祥寺に10年以上前からお店を構えるセレクトショップがROL

僕も学生時代からここでよく服を買いました。いろんないいもの見せてもらって育ててもらったお店の一つです。

 

10月17日(水)〜22日(月)
12:00〜21:00
吉祥寺のヨドバシカメラの裏あたりです!

 

わりと遅くまで開いているので、お仕事帰りや飲み会後にもふらっとお越しください!

窪田は21日(日)に在店する予定ですので、もしフルオーダーをご希望の方がいらっしゃいましたらご来店予定時間をお知らせください。
メジャーを持ってお待ちしております!

rolmdandnmsize

スタッフの葛西さんにMサイズを着てもらった写真、欲しい服が色々写ってます…困る…

rolmdandnbatoner

低めの襟なので、首の詰まったニットから少し襟がのぞくくらいのバランス。
控えめでいい感じです。

他にも、ぜひ合わせて欲しい服もたくさんのROLにシャツを見にいらしてください!

 

10月は待ったり動いたり

2018.10.09

_サンプル紹介 _受注会 _生地入荷のお知らせ

nocollarstripe

10月の受注会は、お迎えしたり出向いたり。


アトリエ受注会
10/13(土)14(日)
11:00〜17:00
国分寺のアトリエにて(ご予約いただいた方に住所をお伝えいたします)-

(都内限定)一日出張デー
10/27(土)
11:00〜12:00, 13:00〜14:00, 15:00〜16:00, 18:00〜19:00
都内のご自宅、事務所に伺います。

国分寺にアトリエを構えてから、そこにお越しいただけることも増えてきました。
でも、距離的、日程的にタイミングが合わなくて…というお声をいただくのも事実。

そこで、10月は2つの受注スタイルでオーダーをお受けしたいと思います。

flannelshirtplaid2018

ひとつは、すべてのシャツが生み出される現場、アトリエにて開催する受注会。
こちらは、一部の生地を大きな面積で見ていただけたり、たまたま並んでいた制作途中のシャツを見てアイディアが思い浮かんだり、そんな面白さのある受注会です。

もうひとつは『(都内限定)出張デー』。
お持ちできるサンプルシャツは限られますが、なかなかタイミングが合わなかった皆様のもとに伺います!
11:00〜12:00, 13:00〜14:00, 18:00〜19:00からお時間をお選びいただき、

まずは最寄り駅
お名前
お電話番号

を明記の上、メールにてお申し込みください。

スケジュールを調整し、ご自宅や事務所に伺います。
お一人はもちろん、複数人集まっていただくのも大歓迎です!ぜひご相談ください。

 

最後に、この時期にオススメの生地たちをずらりご紹介。
気持ちのいいフランネルが揃ってます。

flannel201801

flannel201805

flannel201802

flannel201803

flannel201804

holo shirts.的夏の過ごし方

2018.04.19

_サンプル紹介 _シャツ屋のTシャツ _受注会

whiteopencollar

6月といえば衣替えの時期。

とはいえ最近はすごく暑い日もあったりしてすでに半袖が大活躍しているころかもしれません。

そんな6月に、ホーローシャツ的夏のイベントを開催します!

 

【日時】6月16日(土)〜18日(月)12:00〜18:00

【会場】代々木上原 hako gallery

 

普段の受注会ではあまり夏っぽい半袖のサンプルを並べることは少ないのですが、今回は

 

半袖シャツ、あります。

開襟シャツ、あります。

リネンシャツ、あります。

Tシャツも、あります。

 

そして、美味しいものもご用意します!

srinight1

16日、17日の土日は、フードデザイナー/出張料理人の太田夏来さんをお迎えして、スリランカ料理を気軽に楽しめる軽食とドリンクを出していただきます!

 

maruto

18日は、吉祥寺に工房を構えるお菓子屋さんmarutoと、自家焙煎のコーヒー豆屋さんfelt coffeeに来ていただき一日カフェを開店していただきます!

 

それぞれのご紹介は改めてさせていただくとして、美味しいものをいただきながらのお買い物やシャツオーダー、ワクワクしませんか?(僕が一番楽しみにしているとの噂も…)

hakogallery2f

でも、そんな賑やかな中でシャツのオーダーはちょっと…

という方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、各日とも午前中は事前予約制にて静かにオーダーいただける枠を設けました。

6月16日(土)
9:30〜10:30
10:30〜11:30

6月17日(日)
9:30〜10:30
10:30〜11:30

6月18日(月)
9:30〜10:30
10:30〜11:30

計6枠ですので、ゆっくりシャツのことを考えたいという方は、ぜひお早めにご希望のご来店日時を

info@holoshirts.comまでお知らせください。

もちろん午後にワイワイしながら楽しくオーダーいただくのもありです!

今回オーダーいただくと、7月中旬にお届けできる予定となっております(頑張ります!!)ので、今年の夏のラストピースを見つけにいらしてください。

tshirtsss

『シャツ屋のTシャツ』に関しては、一部その場でお持ち帰りいただけるものもご用意しますし、ちょっとした小物も並べる予定ですので、お誘い合わせのうえお気軽にお越しください!

春、大阪、札幌

2018.03.22

_シャツ屋のTシャツ _受注会

roundabouttshirts

みなさま、会期を3月26日まで延長した『シャツ屋のTシャツ』受注会@Roundaboutには足をお運びいただけましたでしょうか?

「あれ、延長されてたの?」という方、この機会をお見逃し無く!

 

stripeshirtbd

そして、その後は2つの会場で受注会を行います!

まずは大阪でフルオーダーシャツの受注会。

3月31日、4月1日に靭公園近くのstructというセレクトショップで開催します。

自社で企画をしているスニーカー「blueover」や鞄「WONDER BAGGAGE」などを紹介するとともに、国内のブランドをセレクトして展開しているかっこいいお店です。

実は服屋さんで受注会をすることはほとんどなかったのですが、嬉しいお誘いをいただきました。

国分寺のアトリエにお越しいただいた時の様子

その際オーダーいただいたシャツの、着用写真を含めた紹介を丁寧にしてくださっています。

ジャケットやパンツなど、他のアイテムを見ながらのオーダーは色々なコーディネートの想像が膨らみそうですね!

 

3月31日(土)4月1日(日)12:00〜19:00
大阪市西区京町堀1-13-21高木ビル3階
06-6447-6030

 

colourfultshirts

そして、4月12日〜4月16日は初の札幌!

まだ寒さの残る北海道ですが、夏のことを考える『シャツ屋のTシャツ』受注会を開催します。

場所はエフロクブンノイチ。様々なお店が軒を連ねるマンションの一室にそのお店はあります。

国内で厳選された服や小物、アクセサリー、食品などが並ぶアットホームなところです。

そんな素敵な場所で、北海道の皆様の夏の装いを考えられるのがとても楽しみです!

在店は初日の4月12日(木)のみと限られた時間なのですが、たくさんの方にお会いできるのを楽しみにしています。

 

4月12日(木)〜16日(月)13:00〜19:00(最終日17:00まで)
札幌市中央区南1条西15-1-319シャトールレーヴ406号室
011-699-5262

シャツ屋のTシャツ旅します!

2018.01.31

_シャツ屋のTシャツ _受注会

tshirtsleaflet

まだまだ寒い日が続きますが、

風邪など引かれていませんか?

水道管破裂していませんか?(詳しくは前の投稿を…)

服を脱いでの試着が億劫な気温ですが、そこを思い切って春夏の事を考えませんか?

『シャツ屋のTシャツ』の受注会で温かい季節を先取り!

2月からあちこちで開催しますので、どこかでお会いできるのを楽しみにしています!

IMG_0021_2

NISHI NISHI
2月17日(土)〜25日(日)11:00-18:00 水曜定休
※窪田在廊日24、25日はシャツのフルオーダーも承ります。
香川県高松市伏石町1583 TEL:087-868-0405

Roundabout
3月7日(水)〜3月19日(月)12:00-20:00 火曜定休
東京都渋谷区上原3-7-12-B1 TEL : 03-6407-8892

f1/6 エフロクブンノイチ
4月12日(木)〜4月16日(月)13:00-18:00
※窪田在廊日12日
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーヴ406号室
TEL : 011-699-5262

 

tshirtsleafletinside

作成したリーフレットを見ながらあんなコーディネートもいいな…

こんな着方も楽しいな…

など色々想像を膨らませてくださいね!

『シャツ屋のTシャツ』はご予約不要で、ご試着と生地/ボタン選びだけでオーダーいただけます。

普通のTシャツよりも軽くてクタッとなりにくい、春夏の主役となってくれる一着が作れると思いますよ!

大きな変化と小さな変化

2017.10.22

_その他 _シャツのディテール

rimtag

更新が2ヶ月も空いてしまいました…

この間、(私事ですが)息子が生まれ、それに伴ってアトリエの移転をしたりとかなり不安定な日々を送っていました。

そんなわけで、制作スケジュールがグチャグチャです…申し訳ないです(なんとか挽回できるよう努力します)。

 

そんな大きな変化の中で、小さな変化も。

それは織りネームの位置。

いままでは写真のように裾の表側に付けていましたが、だんだん自分でこれが目立つのが気になってしまい、裏側に隠すことにしました。

「アクセントになっていいよ!」と思ってくださっている方はその旨お申し付けくださいね。

 

さて、これから佐賀、国立、たまプラーザと受注会が続きます!

詳細はこちらをご覧いただき、ぜひお越し下さい。

皆様にお会いできるのを楽しみにしています!