go to the top

journal

KAYO AOYAMA

2017.03.28

_サンプル紹介

kayoaoyama1

先日、オーダーならではの幸せに恵まれました。

友人であるテキスタイルデザイナーの青山佳世さんがデザインした生地で、ご本人のシャツをお作りする機会をいただきました。

全体に植物モチーフの刺繍が入った生地は、繊細で柔らかな雰囲気を持った素敵な素材です。

普段、生地の持ち込みをお受けすることはないのですが、ご本人の思いが詰まった生地からそれに合うデザインを考えていくのはとても楽しい作業でした。

kayoaoyama3

kayoaoyma4

先日の布博で着ていらっしゃるところを拝見して、手前味噌ながらお似合い!の様子を確認できたので、その日は一日ホクホクした気持ちで過ごせました。

これからもこういったコラボレーションが増えるといいな〜

2016年も色々なシャツを作りました

2016.12.25

_サンプル紹介 _シャツのディテール

いや、今もめちゃめちゃ作っています。

2月まで作り続けます。

お待たせしている皆様、気長にお待ちいただければ幸いです…

とはいえ年末は振り返りをしたくなりますよね。今年も様々なシャツをオーダーいただき、毎回新鮮な気持ちで作らせていただいています。

2016flannelplaid

今年もこんな鮮やかなチェック柄のオーダーをいただきました。柄合わせは大変ですが、綺麗な色は目にもいいです。

2016roundplaid

そうそう、今年もやっぱり丸襟は人気でした。男女ともにオーダーをいただきましたが、ちょっと柔らかいニュアンスを出すのにはぴったりですよね。

2016roundgrey

2016roundwhite

定番の白シャツも、丸襟にすることで可愛らしく。

2016bandwhite

同じ白でも襟がバンドカラーになると雰囲気が一変します。一番上を留めればドレッシーに、いくつかボタンを外して着ればカジュアルにもなるバンドカラーやノーカラーも、今年人気の襟でした。

2016bandkhaki

でも、今年の一番人気はストライプだったと思います。

白シャツももちろん爽やかに着られますが、ストライプはそれ以上に清潔感が演出できる柄だなと思います。ステッチの具合を気をつければカチっとしすぎることもないですし、ラフに、でも清潔に着ていただける便利屋さんなんです。

2016regularstripe

2016stripeback

2016pinstripeblue

と、久しぶりにシャツの写真たっぷりでお届けしましたが、日常的にはinstagramでも紹介していますので、よろしければそちらも覗いていただければ幸いです。

さて、そろそろ制作に戻ります!それでは皆様よいお年を!

いまいくよ大阪(終了しました)

2016.10.05

_サンプル紹介 _受注会

measure_pen

今年も大阪SHELFに戻ってきます!

11月5日、6日 11:00〜19:00
大阪市中央区内本町2-1-2 梅本ビル3階
06-6335-4783

じっくりとお話をしながらオーダーいただくため、ご予約をおすすめしております。
ご来店希望日時をinfo@holoshirts.comまでお知らせください。
お一人一時間の枠をお取りします。(例:11月5日 14:00〜15:00)

ちなみに、現在たくさんのオーダーをいただいており、シャツの完成は年明け2017年1月末頃を予定していますのでご了承ください。

なるべく春先にも活躍するような生地をお持ちしますので、冬を通り越して暖かい季節の事も思いながらお越し下さいね。

nocollarwhite

ちなみに最近、こんなノーカラーのシャツが人気です。

丸首のニットから、カットソーじゃなくてこれが見えたらかっこいいな…なんて思いながら作ったサンプル、是非実物をご覧ください!

春待ちのストライプ

2016.03.04

_サンプル紹介 _生地入荷のお知らせ

stripeshirt

爽やかですよね、ストライプって。

シーズン問わずビジネスにもカジュアルにも活躍するストライプ柄のシャツは、清潔感を演出するのにぴったりです。

秋冬には、同系色のニットの襟元から柄を見せるような着方を個人的にはしますが、やっぱり一枚でサラッと着るのが一番好きです。

そんな暖かい季節にピッタリなストライプが入荷しました。

watercolourstripe2

watercolourstripe1

水色のストライプ、ですが、よく見ると水色の線が少しかすれているのがおわかりでしょうか?

ムラのある染め方をした糸を使って生地を織ることで、なんだか水彩絵の具できれいに線を引いたような(マーカーで素早く線を引いたような?)表現が生まれるんです。

パキッとはっきりしたストライプもいいですが、さりげない配色がより涼しい印象を与えてくれます。

質感はハリがあってシワにも強そうですので、アイロンなしでどんどん着てください!

3月の受注会でオーダーいただけますのでお楽しみに。(受注会のご予約も引き続き承っております)

秋冬のサンプル(紺色編)

2015.09.12

_サンプル紹介

navysample

秋冬のサンプル紹介、今回は紺色にフォーカスします。

白いボタンで爽やかに着る夏の紺色も素敵ですが、これからの季節は濃い色のボタンを使って落ち着いた雰囲気の紺が気になります。

navysamplecollar

今回、ノーカラーとスタンドカラーの中間のような襟をご提案しています。

navysamplepocket

襟と玉縁ポケットは別布を使ってアクセントに。

生地の切り替えをしながらシックにまとめるコツは、やはりほぼ同じ色を選ぶことでしょうか。

また、ボタンも色を合わせて切り替え部分が取って付けたような感じにならないようにするのも、細かいですが大切な配慮です。

navysampleback

navysamplecuff

ギャザーを寄せるディテールも、クラシックで繊細な印象が作れて好きな方も多いはず。あまり生地が厚いと難しいですが、ご相談ください!

 

navysample2

そしてこちらはかなりの変わり種、胸元が別の布で切り替わっているプルオーバータイプのロングシャツです。

初めて試した形ですので、受注会の際には実物を見ながら是非ご意見ください。

navysample2collar

navysample2back

ベースの布には、少し厚手で起毛した素材を選びました。秋冬を見た目で感じさせてくれる素晴らしい生地です。ベーシックなボタンダウンシャツにしてもピッタリだと思います。

navysample2backstyle

ということで、来週の今頃は高松で受注会!

会場であるNISHI NISHIへちま文庫ともに素敵な場所ですのでお近くの方は是非いらしてください。

ではまた!

秋冬のサンプル(フランネルチェック編)

2015.09.08

_サンプル紹介

flannelsampleshirt

以前の投稿でご紹介したフランネルチェック、こうなりました。

flannelcollar

やや小さめの襟と低めの台襟で控えめな印象に。

flannelcuffs

ステッチは白だと浮いてしまうので、水色をチョイスしました。こういうディテールでグッと上品になります。

flannelpocket

flanneltag

裾に付いたタグも映える素晴らしい生地です。

 

flannel2

もう一種類は女性向けにさらに襟を小さく、より繊細な印象を目指しました。

flannel2collarother

襟のステッチは表に出さず、やわらかい雰囲気に仕上げました。もっとボタンを外して着てもいやらしくないと思います。

flannel2collar

一番上まで留めても可愛らしいですね。

flannel2gazette

裾だけカジュアルなディテールを加えてみました。

とにかく、本当に気持ちのいい生地ですので実物を触ってみてください!

ではまた!

秋冬のサンプル(白シャツ編)

_サンプル紹介

samplelinenwhite15ae2

9月の高松を皮切りに秋冬の受注会がはじまりますが、それに向けて新しいサンプルを用意しています。

ここではそれらを少しずつ紹介していけたらと思います。

まずは白シャツ。

samplelinenwhite15aw

こちらは高密度に織り上げられたリネンで仕立てたものです。

リネンの印象を変えるしっとりした質感は、秋冬に着ていても全く違和感ありません。

少し細めの前立てや低めの台襟が控えめな印象を演出します。

samplewhiteBD15aw2

お次はボタンダウンです。

形はベーシックなのですが、起毛したやわらかな生地が上品な雰囲気を醸し出しています。

samplewhiteBD15aw

カジュアルなのにきれい、のような相反する要素を盛り込むためのバランスはじっくり相談しながら見つけていきましょう!

ではまた!

丸襟の丸はどんな丸

2015.08.18

_サンプル紹介 _シャツのディテール

roundcollar_white

皆さん、お久しぶりです。

しばらく6月にいただいたオーダー分を仕上げる日々が続いておりました。

そして今回、たまたま多かったのが丸襟のオーダー。

丸襟といっても、先端を小さく丸にしたものや、大きく弧を描くような丸、その中間など様々な解釈があります。

お客様とオーダーの際にお話ししたり、参考になるような画像を見ながらどんなニュアンスの丸にするのか決めていきます。

roundcollar_charcoal

やわらかでやさしい印象の丸襟は、やっぱり第一ボタンを留めて着るのがしっくりきます。

ただ、ボタンダウンにしたり、ヘチマカラーの様に大きく開く丸にすれば第一ボタンを開けてラフにも着られますので、どんな丸にしようかと楽しくご相談できればと思います!

ではまた!

白シャツの研究はこれからも続く

2015.06.02

_サンプル紹介 _シャツのディテール

oxwhiteshirts

白シャツ好きですかー?

本当に好きで、白シャツばかり着てる方

物としては好きなんだけど、いまだに似合うものを見つけられていなくて着ない方

白シャツ事情は様々だと思いますが、ベーシックな服といって真っ先に挙がるアイテムのひとつではないでしょうか。

シンプルベーシックなだけに、素材の質感、ディテールが目立ちやすく、似合う似合わないがはっきりする残酷なアイテムだったりもします。

個人的にも大好きな白シャツですが、まだまだこれだ!というデザインバランスには出会えていません。というかずっと探し続けることになると思います。

今回試してみたのはコットンのピンオックスで作るカジュアルだけどクリーンなシャツ。

oxwhiteshirts_button

ボタンには以前ご紹介した磁器ボタン。よく見るとこのコロっとした形が現れてきてアクセントとして機能します。透明感のある白がクリーンな印象を強調してくれます。

oxwhiteshirts_cuffs

oxwhiteshirts_collar

ボタンダウンでもなく、特別小さくもないレギュラーカラーを第一ボタンを開けて着ることにチャレンジしたのですが、かなり改善の余地がありそうです。

研究ははじまったばかり。

デニムシャツ

2015.05.22

_サンプル紹介 _シャツのディテール

denimshirts

カジュアルにおける定番素材のひとつ、デニム。

ジーンズとして着るケースが多いと思いますが、着ていくほどに身体になじむ感じや、その人の動きが現れる色落ちは本当に魅力的です。

そんなデニム素材でシャツを作りました。
といっても、厚手のゴワゴワしたものではなくコットン/リネンの薄手の生地です。

denimshirts_collar

ダブルステッチを施しワークテイストに仕上げましたが、ボタンをマットな白の貝ボタンにしたことで、土臭すぎない上品さも残りました。

denimshirts_pocket

胸ポケットのボタンもいいアクセントに。

ちなみに、糸は白ではなく、生地の色味を見ながらごく薄いグレーをチョイスしています。白のように浮いてしまうことなく、馴染んでくれたのではないかと思います。

denimshirts_shoulder

denimshirts_cuff

denimshirts_hem

最初、生地にのりが付いてパリっとしているのは他のデニムと同じですが、この生地は洗っていくと、コットンの柔らかさにリネン特有のハリが加わった特徴のある風合いになっていきます。

着はじめはインナーのTシャツに青い色が付いたりと扱いづらさもありますが、そこは長い目でじっくり付き合っていただきたいと思います。

お客様のもとに旅立ったこのシャツ、しばらく経ってから会うのが楽しみです。